「才媛」や「才女」ってどんな人?お手本にしたい特長6つと、特徴的な行動3つで、〇〇を強くすると一目置かれる存在になる

「才媛」「才女」ときくと、どんなイメージの女性を思い浮かべるでしょうか。

古くは平安時代、紫式部や清少納言らが「才女」と表されています。最近は、こういった「性別」を意識させる言葉は、公では使われない傾向にありますが、その言葉が意味するような女性に憧れる、なってみたいと思っている方はいると思います。

男性でも使える言葉としては「才子」「才人」などがありますが、あまり普段の生活ではお目にかからない言葉ですね。

今回は「才媛」「才女」「才子」「才人」など、思わずそう呼びたくなる人たちがどんな特長を持っているのか、そして、どうすればそうなれるのかについて考えてみたいと思います。

目次

まずは言葉の意味を確認

話を進める前に、それぞれの言葉の意味を簡単に確認しておきましょう。

「才媛」「才女」=学問・才能のすぐれた女性

「才子」「才人」=才知のすぐれた人

細かくいえば、微妙なニュアンスの違いはあるとは思いますが、ざっくりこんな意味です。才知とは、才能と知恵のこと。つまりそれを備えた人を表す言葉ですね。理知的な人・知的な人・賢い人・教養のある人・聡明な人・頭のよい人とも言い換えられます。

魅力的な「才◯」の特長6つ

あなたの周りにも「才◯」と呼ぶにふさわしい人がいると思います。もしかしたらあなた自身が「才媛」や「才人」と言われているかもしれません。

ただ「名だたる学校を卒業している」だけで「才◯」と言われる場合もありますし、学歴は実際そこそこだけど「才◯」と評価される場合もあります。

もし、あなたが「才◯」と呼ばれるような人をロールモデル(お手本)にしたいと思うなら、その人のどんなところが魅力的なのか、知っておいたほうがよいでしょう。

では、より魅力的な「才◯」といわれる人の特徴を見ていきましょう。

勉強がよくできる

高学歴だったり、語学が堪能であったり、難易度の高い資格を持っているなど「知能」の高さや「知識の豊富さ」が、まずはあげられます。

小さい頃から勉強がよくできて、 記憶力がよく、座学や試験が得意。学習意欲が高く、本を読んだりセミナーに参加したり、大人になってからも勉強し続けている人も多いです。

学ぶこと自体を楽しく感じ、新しい知識を理解することに喜びを感じる人が多いのも特長です。

頭の回転が早い

知能が高い、知識が豊富だからといって、社会人として仕事ができるかというとそうでもありません。「才◯」には、理解力や分析力に長けていて、冷静に変化に臨機応変に対応できる「賢さや知恵」があり、頭の回転が早いのです。

学習で得た幅広い知識を持ちながらも、自分の考えにこだわりすぎず、広い視野を持ってものごとに取り組むことができ、結果として、周囲から頼りにされます。

会話が上手

その人自身が人と会話するのが好きか嫌いか、得意か苦手かにかかわらず「会話が上手」です。上手というよりは「そつなくこなせる」社交性がある、コミュニケーションに対して一定のスキルを身につけている、といったほうが適当かもしれません。

話題に対して情報の引き出しを多く持っているため、話を合わせることができます。また、冷静にその場の雰囲気や相手の様子を観察しているので、場の雰囲気を調整するのも上手です。会議の進行役や場をまとめるのも長けています。

器用である

その人自身がどう感じているかは別として、世間一般に比べると「器用」です。仕事はもちろん、運動や習い事でも、はじめからそれなりに上手にできてしまったりします。

できないことをできるようにする努力をいとわないので、上達も早く、さまざまな分野で才能を発揮することもできます。

客観的で広い視野を持っている

魅力的な「才◯」である人は、客観的な広い視野で持って物事に向き合うことができます。他の人が気付くことのできない問題にいち早く気づけたり、一歩先の未来を見据えることができます。

また、他人だけではなく、自分に対しても客観的であるため、自分のことを上手にコントロールしていくこともできます。

効率化・合理化を重視する

「才◯」は、物事を論理的に考えます。今、何が必要で、何が不必要なのかを頭の中で理解、整理できるので、 タスク管理が得意です。ほしい結果から逆算して行動を考え「今やらなければならないこと」「次にすべきこと」が明確です。

そのため、物事の優先順位を素早く決めることができ、 あまり迷うことなく物事に対処できます。

「才◯」の特徴的な行動3つ

これだけの特徴を備えていれば必然的に「仕事ができる」ことになります。家事に従事していたとしても同様です。求められた仕事はもちろん、それ以上の成果を出していきます。上司であれ、部下であれ、同僚であれ一目置かれる存在でしょう。家族では中心的な、頼りになる存在でしょうね。

「才◯」の特長は、そのほとんどが「後天的に身につけることが可能」なものです。もちろん、生まれながらにしてその才能を持っていた人もいるでしょうが、「才◯」と呼ばれる人たちは、ちゃんと努力をしてきているのです。

では、「才◯」な人になるために、どんな行動をすればよいのでしょうか。

魅力的な「才◯」に見られる特徴的な行動を3つ上げてみました。

一見するとそうは見えない人でも、子供の頃はそうだったり、見せないようにしている、または、本人も全く意識せず当たり前にやっているので、分かりにくい場合もあります。

① 勉強をする

まずは「知識」を入れましょう。詰め込み型の勉強に異を唱える人もいますが、そもそも「知識」がなければ「知恵」は生まれません。「知識」とは材料であり、その材料をいかように使うかが「知恵」だからです。

今すぐには役立たないように感じる知識だとしても、それがいつ、どのように活用できるかは分かりません。いくら道具を磨いても、食材がなければ料理ができないように、必要な分野の十分な「知識」があるか、からすべてが始まります。

② 自分の頭で考える

仕入れた「知識」を自分のものにするには「自分の頭で考える」ことが必要不可欠です。教科書に書かれた字面を覚えるだけだったり、人が言うことを鵜呑みにするだけでは「記憶」しただけで、知識を使えることにはなりません。

その知識を、自分の生活や仕事に「どのように」使うことができるのか、それまでに得た経験や知識と組み合わせて、自分なりの考えや、やり方に落としていくことが重要です。

③ 実際に行動してみる

得た知識は、実際に生活や仕事に役立てられなければ意味がありません。インプットしたり、頭の中でいろいろ考えることを一定期間やったら、今度は実際に行動し、それが現実社会でどの程度、役に立つのか、周囲の人達からはどんなフィードバックが得られるのかを確かめながら、修正していく必要があります。

その中で、さらに必要な知識が出てくることもあるでしょうし、自分の考えや、やり方をアップデートしていくことにもなります。

「才◯」は〇〇が強い人が多い!

「①勉強をする」「②自分の頭で考える」「③実際に行動してみる」を繰り返すことで、「才◯」の特長が磨かれ、人から評価されるようになります。

これを「3つの視点」で考えてみると、どのようなことが起こっているのか考えてみます。

「①勉強をする」「②自分の頭で考える」「③実際に行動してみる」。この一連の流れでは、自分の感情よりも「思考」を使います。知識を仕入れること、それらを体系立てること、物事の本質を見抜く練習を繰り返しているんですね。つまり「第3視点」がより育っていく環境になるのです。

第3視点とは「社会の視点」であり、客観的、俯瞰的で知能が発達した「人間」という動物らしい視点です。この第3視点がプラスの状態=長所は「才◯」の特長と重なります。

逆を言えば「才◯」になるためには「第3視点」の獲得と成長が必要ということです。

3つの視点は、すべての人が3つとも持つことが可能ですし、大人であれば、ほとんどの人が3つとも持っていますので、第3視点を大きくすることはできます。

しかし、「①勉強をする」「②自分の頭で考える」「③実際に行動してみる」と書くのはとても簡単ですが、実際は時間もかかりますし、行う上で様々な問題が出てきます。

多くの人は、自分がその時、どこの視点にいるのか無意識です。その上、得意な視点というものがあり、その他の視点に移動しにくい、という特徴があります。第3視点を育てるためには第3視点であることが大前提なのですが、まずそこに意図的に移動することができません。

第1視点や第2視点が得意な方からすると、頭では分かるけれど、感情や状況がついてこなかったり、やり方が分からなかったりで難しいと感じるでしょう。

また、第3視点が得意な方ならうまくいくのか、というとそうでもありません。「①勉強をする」「②自分の頭で考える」まではうまくいったとしても、「③実際に行動してみる」で、どうしてもつまずくことが出てくるからです。

「才◯」と呼ばれる人たちで、知識や知恵があるだけでなく「人間的にできている」と思われる人は、この「3つの視点」のバランスがとても良く、またそれぞれの視点のプラスの面が表に出ているといえます。

詳しくはこちらで解説しています。

まとめ

【課題】
「才媛」や「才子」のような、人から一目置かれる存在になりたい

【手本にすべき特徴6つ】
・勉強がよくできる
・頭の回転が早い
・会話が上手
・器用である
・客観的で広い視野を持っている
・効率化・合理化を重視する

【特徴的な行動3つ】
① 勉強をする
② 自分の頭で考える
③ 実際に行動してみる

=「第3視点」の獲得と成長が必要
知識や知恵があるだけでなく「人間的にできている」と思われる人は、この「3つの視点」のバランスがとても良く、またそれぞれの視点のプラスの面が表に出ている

田代 真理
Mari Coaching Room 代表
メンタルコーチ。コーチ歴15年、手帳歴18年。「3つの視点」にフォーカスした自分と周囲を変革するための独自メソッド1on1プログラム「3つの視点コーチング™」と手帳を使ったセルフコーチング・自作テンプレート「大人が整うノート」を提供中です。
よかったらシェアしてね!
目次