未来をデザイン。フューチャーログは未来の自分に近づく第一歩。

「資格試験に合格したい」「もっと計画的に毎日を過ごしたい」、そんなふうに思ったら、フューチャーログを作ってみるのがおすすめです。

会社や学校でも「1年の予定」があり、それに基づいて、日々の仕事や勉強や行事が進んでいきます。それと同じように、「自分の1年の予定や計画表」が『フューチャーログ』です。

フューチャーログをつくることで、目標や計画を記録し、未来のビジョンを明確にできます。将来の自分に対する期待や計画を整理しデザインすることで、やるべきことや、やりたいことを、確実に実現していく手助けになるのです。

この記事では、フューチャーログのメリットや用意するべきアイテム、具体的な書き方についてご紹介します。

目次

フューチャーログを書くといい人

フューチャーログは、どんな人でも簡単に書くことができますし、どんな人にも役立ちますが、特に、次のような方におすすめの手法です。

こんな人におすすめ
  • 達成したい目標がある人
  • 毎日を慌てることなく、計画的に過ごしたい人
  • 忙しくて、ストレスを感じやすい人

フューチャーログのメリット

フューチャーログを作ることには、以下のようなメリットがあります。

1,1年の流れを把握できる

フューチャーログは、1年の流れを把握するのにもってこいです。仕事や勉強、プライベートのスケジュールを一望でき、特に繁忙期を予測し、それに備えることができるので、タスクの管理やストレスのコントロール、体調の管理もしやすくなります。

2,日々の行動の大本になる

フューチャーログは逆算計画の基本になります。達成したい目標や予定を明確にし、それを実現するための段階的な計画を立てることができます。日々の行動が目標に向けていかに進んでいるかを確認しやすくなり、うまくいかないことがあっても、計画を修正しやすくなります。

3,目標が達成しやすくなる:

フューチャーログは目標の「見える化」です。フューチャーログを何度も見返すことで、意識に刷り込まれ、目標がより現実味を帯び、達成しやすくなります。

用意するもの

フューチャーログは、紙とペンさえあればすぐに書き始めることができますが、他にも用意するとフューチャーログを書く手助けになるものをご紹介します。

1,フューチャーログテンプレート

フューチャーログを書き込むためのテンプレートです。手書きで月を書くだけで事足りますが、面倒だったりきれいに書きたいと言うときは、テンプレートを使うのが便利です。

2,過去の手帳

過去の手帳を参照することで、過去の予定や計画を確認し、今後の計画に反映させることができます。

3,学校のプリント、仕事関係やプライベートの書類や計画表

学校行事や、仕事関係のイベント、地域の行事など、参加するかどうか決まっていなくても書いておくことで、計画に組み込みやすくなります。ライブや展覧会など、趣味に関するイベントも書いておきましょう。

4,写真

スマートフォンやパソコンの中に入っている過去の写真を見返すと、今年の計画や目標が書きやすくなることがあります。

5,日記

日記を書いている人は、ぜひ活用してください。過去の日記を振り返ることで、出来事だけでなく「この時期に風邪をひきやすい」などの体調管理の計画も書くことができます。

6,ウィッシュリスト

ウィッシュリストの項目を、フューチャーログに書くことで「いつやるか」が決まり、実現する可能性が高まります。

7,昨年のフューチャーログ

フューチャーログを書いたことがある人は、過去のフューチャーログをを見返しながらまとめてみましょう。できなかったことだけでなく、できたこと、自分が変わったと感じられることに注目してみてください。

フューチャーログの書き方

では、実際にフューチャーログを書いていきましょう。フューチャーログは、1ヶ月ごとに書いていきます。その月の予定や目標を箇条書きしていきましょう。書きやすくなるコツを以下に紹介します。

1,下書きをする

あれもこれもと情報が行ったり来たりしやすいので、ひとまず下書きすることをおすすめします。思いついたものから書き出していき、あとで整理して書き直すとよいでしょう。

下書き用にはこちらが便利です。

2,決定していることから書いていく

まずは、既に決まっている出来事やイベントを月ごとに書き入れましょう。日付がわかっているものは、日付も書いておきます。

3,やりたいことも書いていこう

フューチャーログはすでに決まっている予定や出来事だけでなく、自分がやりたいことも書き込むことで、よりよいものになります。「いつかやりたいな」と思っていることは、日付を大まかにでも決めることで、よりやりたいことが確実に実現できるようになります。

4,カテゴリに分けて書いてもGOOD

「仕事」と「プライベート」、「決まっている予定」と「目標」など、自分がわかりやすいように分けて書くと、見返したときに見やすく、計画がうまく進まなかったときも軌道修正しやすくなります。

フューチャーログは未来を見つめ、計画的かつ前向きに行動する手助けとなります。未来の自分に近づく第一歩として、ぜひフューチャーログを試してみてください。

田代 真理
Mari Coaching Room 代表
メンタルコーチ。コーチ歴15年、手帳歴18年。「3つの視点」にフォーカスした自分と周囲を変革するための独自メソッド1on1プログラム『3つの視点コーチング™』と、手帳を使ったセルフコーチング・自作テンプレート『大人が整うノート』を提供中。
よかったらシェアしてね!
目次