やれるはずなのに「やる気がでない」。その正体は自覚のない「〇〇不足」!根本的な解決方法はあるの?

なんだか最近、やる気がでない。調子がイマイチ。なんだかイライラ・モヤモヤしている…そんなことを感じていませんか?元気ややる気を取り戻したいと思っていても、なにをどうしたらいいのかが分からなかったり、動き出すきっかけがなかったり…。

どうにかしなきゃと、気ばかりが焦っていませんか?

「自分はメンタルが弱いんじゃないか」「感情のコントロールが下手なんじゃないか」と自分を責める前に、チェックしてほしいことがあります。

目次

原因は自覚症状がない「エネルギー不足」

頑張っているのに仕事がはかどらない、なにをやるにも億劫、頭痛や肩こりがひどい。いつもなら気にならない些細なことが気になったり、聞き流せる言葉にイライラする。

実は、これらは単に「エネルギーが不足」している状態、つまり「疲れ」が原因であることがほとんどです。体力的もしくは精神的に、疲れてしまっている。なので、しっかり休みをとって「エネルギーの充填」をすれば、解決します。

実際、私のところに来るクライアントの方々も、はじめはその9割が「疲れて」います。

「最近、ちょっとしたことで落ち込んだり、イライラしてしまう。私はメンタルが弱いと思うので、なんとかして強くしたい」
「弱くなったときに、すぐに復活できるような考え方やスキルを身につけたい」

みたいなことを希望してくる人ばかりなのですが、こちらからすれば「いやいや、そんなことないって。そこじゃないよ」っていう人がほとんどなんですね。

いくら気をつけていても、日々のストレスや季節の変わり目など、少しずつ疲れは溜まっていってしまうものです。年齢的なものもありますし、環境の変化があったりすればなおさらです。

一時的にしろ、慢性的にしろ「疲れ」は、その人の活力だけでなく、自分への自信や他人への敬意も奪います。その状態が続けば、仕事や人間関係へさまざまな悪影響が出ても仕方ない。

「疲れ」が引き起こす問題はさらなる問題を呼び、悪循環を招きます。そうならないためにも、一度しっかり休んで、悪いサイクルを断ち切ることが必要なのです。

とにかく睡眠と栄養!

疲れを取るにはとにかく「睡眠」です。もうこれは、絶対です。セッションに来てくださる方にも、初めに聞きます。「量と質」をどのくらい取れているのかは、とても大切です。

次は「栄養」です。食べていないとか、あまりに偏った栄養バランスになっているとか、ひどすぎる食生活はすぐに改めるべきです。

しかし、多くは「睡眠と栄養はそれなりに大丈夫」なことが多いのです。大人ですからね。そこは管理できている人が多い。

なら、一体どうして「疲れている」のでしょうか。

「休み下手」な原因

「しっかり休むこと」の重要性について、いまさら言われなくても分かってるよ、って言われると思うんですが、頭では分かっていても休めない「休み下手」な人はあとを絶ちません。

物理的に「休みたくても休めない」という状況もあるとは思いますが、よくよく話を聞いてみると、実際はそうでもない、ってこともあります。

では、休み下手になってしまっている理由とは一体何なのでしょうか?

疲れていることに気づかないから

仕事がうまく進まない、人にイライラしてしまう。

疲れが原因であったとしても、それを「まだまだ自分の力が足りないからだ」「やり方が間違っているからだ」「感情のコントロールができない自分が悪い」などと考えてしまいがちです。

疲れていることに気がつかず、さらに頑張ろうとしている状態を自ら作り出してしまっているのです。それにすら気が付かないほど、真面目だったり、責任感が強かったり。そもそも疲れて余裕がなかったところに、さらなる目標を加えてしまうのです。

結果、頭も心も「目の前の目標を達成すること」でいっぱいになってしまい、それ以外のことを考える余裕がなくなってしまいます。

そうして、自分自身の疲れに、いつまでも気づかずに過ごしてしまうのでうす。

自分はなんとかなると思っているから

しっかりと休みをとることは、効率的・合理的に仕事をする上で、とても大切、そう考える人は、同僚や部下、無理な仕事や残業などはさせないようにしています。

周りの人が疲れている様子なら気遣い、休ませることすらするでしょう。

しかし、いざ自分の段になると「私は大丈夫、なんとかなる」という、へんな自信があります。周りの人が「大丈夫ですか、休んでくださいね」と言ってくれても「平気平気」と聞き流したりちゃったりしてる。実際、なんとかなることも多いのですが、毎回それが通用するとは限りません。

人にやさしく、自分には厳しい。それが裏目に出てしまうこともあります。

休むことに「罪悪感」があるから

休み下手である最大の理由は「休むことに罪悪感を感じる」ことですね。

頭では「休んだほうが効率がいい」とは分かっていても、休み中も仕事のこと、目標について、プライベートな問題など頭の中はフル活動しています。

休むことには「身体的な休息」と「精神的な休息」があります。頭の中がフル活動であることは、実はどちらの休息も取れていない状態です。

ダラダラしたり、自分の好きなことに時間を費やすことは、果たすべき責任を果たしていないような気がしてしまい、それが「悪いことをしている」「間違ったことをしている」という「罪悪感」を生み出します。

結果、休むことに抵抗感が生まれたり、焦りや不安が生まれ、休んでいるのに休んでいない状態になってしまうのです。

すぐにできる「休みを上手に取る方法」

では、「休み下手」は、どうしたら上手に休み、疲れを癒やすことができるのでしょうか。

休む期間をしっかりと決める

やるべきことをいつどのようにやるのか、きっちり決めている人も多いと思いますし、いつもそんなことばかり、考えているのでは?

なので「休む期間」と先に計画に組み入れ、その期間だけは「休む」ことに集中する、と決めましょう。いつも頑張っている自分へのご褒美期間だと思ってもいいです。

長期休暇が取れるに越したことはないですが、1週間だけ普段の生活をしながら、やるべきことをお休みし、やりたいことをやるようにする、でも構いません。

「期間を決める」ことで、休みことへの抵抗感が少なくなるはずです。

休み方を用意しておく

いざ休もうとしても、何をしたらいいか分からず、結局仕事をことを考えていた…というのでは、本末転倒です。

休みの日になると、何もかも億劫になってしまう人ほど、休みを取ると決めたら「何をするのか」を、先に考えておきましょう。「ひたすら寝る」でも「読みたかった本を読む」でも「気になっていたカフェに行く」でも、なんでもいいです。

自分の体と心が満たされることをメモしておき、休みになったらその日の気分のまま、やりたいことをやりたいようにやってみましょう。

一人になって、頭を空っぽにする時間を作る

一番の休息は「頭の中を空っぽにする」ことです。

家族、とくに小さいお子さんなどがいると、環境的に難しいことがあるかもしれませんが、5分でもいいので、一人になれる時間を確保するところから始めてみましょう。そして、その時間は何もせず、何も考えずに、脳を休ませます。

どうしてもなにかと考えてしまう、というなら、深呼吸や軽いストレッチなども効果的です。瞑想やマインドフルネスは最も代表的な方法ですので、取り入れてみるのもいいかもしれません。

「休みベタ」を根本的に治す方法

上手に休む方法を3つご紹介しましたが、わりとこれは「対症療法」的なことです。人によっては「やってみたけど、結局上手にできなくて余計へこんだ」なんてことも起こりえます。また、一旦は休んで元気になっても、同じことが頻繁に繰り返されるつまり「疲れやすく、メンタルが落ちやすい」という人もいます。

そういった場合は、根本的に「休み下手」にアプローチする必要があります。

「最近、ちょっとしたことで落ち込んだり、イライラしてしまう。私はメンタルが弱いと思うので、なんとかして強くしたい」
「弱くなったときに、すぐに復活できるような考え方やスキルを身につけたい」

といったことですね。

こういった「休み下手」は、実は第1視点が弱くなっているときに起こります。

お母さんや、社長さんなど、子供のことだったり、会社のことだったりに大きな責任があると、第2視点や第3視点が大きくなっていきます。

それ自体は悪いことではありません。ただ、視点のバランスが悪くなって、第1視点が相対的に小さくなると、エネルギーの絶対値が小さくなってくるのです。そして、先述のような「疲れている事自体に気が付かない」「休むことに罪悪感がある」ということが起こってくるのです。

ですので、第1視点を取り戻して、バランスが取れてくるとそもそも「疲れる」事自体も減りますし、疲れても、それに上手に対処できるようになります。

まとめ

【症状】
やる気がでない。調子がイマイチ。なんだかイライラ・モヤモヤしている

【原因】
「エネルギー不足=疲れ」がほとんど
「疲れていることに気づかない」「自分はなんとかなると思っている」「休むことに「罪悪感」がある」といった理由で休み下手になっている

【すぐにできる方法】
・休む期間をしっかり決める
・休み方を用意しておく
・一人になって、頭を空っぽにする時間を作る

【根本的な解決方法】
視点のバランスを整えて、エネルギーの絶対値を上げる

「視点」についてのざっくり解説はこちら!

田代 真理
Mari Coaching Room 代表
メンタルコーチ。コーチ歴15年、手帳歴18年。「3つの視点」にフォーカスした自分と周囲を変革するための独自メソッド1on1プログラム「3つの視点コーチング™」と手帳を使ったセルフコーチング・自作テンプレート「大人が整うノート」を提供中です。
よかったらシェアしてね!
目次